コスチュームジュエリー・レディースアンティークウォッチの通販ショップ migparis(ミグパリ)

ホーム > アンティークウォッチについて

アンティークウォッチについて

女性のためのアンティークウォッチ基礎知識

アンティークウォッチは初めてという貴女のために、アンティークウォッチについての基礎知識をご紹介し、疑問にお答えいたします。

1. オーバーホールとは

下の写真はオメガの時計を分解した写真です。
下のケースに左のムーブメントをいれて、風防がついた上部のケースをはめこんだら完成です。

オメガの時計を分解した写真

さて、このムーブメントを分解すると下記の写真になります。
使わなくなった時計を分解していますので、形は違いますが、構造はほぼ同じです。
機械式時計は小さな部品を組み合わせて作られていますが、この小さな部品同士が円滑に動くように機械を分解、洗浄して古い油をとりのぞきます。
そして新しい油をさして組み立てていく作業をオーバーホールといいます。

ムーブメントを分解した写真

2.時計の名称

時計の名称を記載した写真

  • (1) 尾錠:バンドの先についている金具
  • (2) ダイヤル:文字盤
  • (3) リュウズ:ゼンマイをまきあげ、時間をあわせる機能をもった部品
  • (4) インデックス:時刻をあらわす部分
  • (5) ベゼル:(風防)の外周にある部分
  • (6) ケース:ムーブメントをいれる部分
  • (7) ラグ:バンドとケースをつなぐ部分

3.クォーツ時計との違い

クォーツ式時計・機械式時計の写真

クォーツ時計は電池で動くのに対して、機械式時計の動力はリュウズを巻き上げ、そのゼンマイがほどけようとする動力によって動く仕組みになっています。
クォーツ時計は電池が切れてしまうまで動き続けますが、機械式時計はゼンマイをいっぱいまで回すとだいたい24時間〜27時間ほどでとまりますので、またゼンマイを巻いて作動させます。

4.時計ケースの素材

当店で販売している時計は一部を除き金無垢ケースの時計を販売しています。
金無垢はどこを切ってもゴールドでできているのに対して、金張りや金メッキの断面は土台部分は合金でその上にゴールドの板が貼り付けられていたり、ゴールドがコーティングされています。金無垢でできたケースは落とした時にムーブメントにかかる衝撃を吸収しれくれるため一番適した素材と言われています。

【ゴールドの割合】
日本の金の含有量は24分率で表示されていて99.9%以上の金はK24と刻印されます。
純度の高い24金は非常に柔らかくてこのままでは時計のケースやジュエリーに適しませんので銀、銅、ニッケル、パラジウムなどの他の金属を混ぜることによって硬度を増し加工しやすいようにしています。
ケースに刻印されている18K(※1)や14K(※2)はゴールドの割合を示しており、18Kは75%、14Kは58%の割合でゴールドが使われていることを示します。

【ゴールドの種類】
ゴールドの色は大別して (1)イエローゴールド (2)ホワイトゴールド (3)ピンクゴールド(※3)があります。
これはゴールドにどの金属を混ぜるかによって決定します。
イエローゴールドは銀と銅、ホワイトゴールドは、ニッケル、ピンクゴールドは銀と銅にパラジウムと亜鉛を混ぜることによってゴールドの色を変化させています。

(※1)18金刻印
(※1)18金刻印

(※2)14金刻印
(※2)14金刻印

(※3)ピンクゴールド
(※3)ピンクゴールド

刻印の場所

刻印の表示方法やどこの場所に刻印があるかは同じメーカーでも時計によってバラバラです。
例えばロレックスでも、外側のケースにロレックスのマークとゴールドのサインをしっかり刻印している時計もあれば(※4)、外側には全く刻印がなくケースの内側に刻印している時計(※5)もあります。

  • (※4)外側に刻印
    (※4)外側に刻印
  • (※5)内側に刻印
    (※5)内側に刻印

5.アンティークウォッチの取り扱いについて

アンティークウォッチと聞くだけで、すぐに壊れるのでは?
時間があわないのでは?といろいろ不安に思う方はたくさんおられることと思いますが、実際はほぼ時間通りに動きますし、十分日常使いしていただけます。
何より、デザインの美しさ、可愛らしさは今の時計にはない素晴らしさがあります。
せっかく買った時計をクローゼットにしまいこんだりせずにどんどん使ってみてください。
『それほど神経質にならなくてもよかった』とご理解いただけると思います。

アンティークウォッチ写真

6. アンティークウォッチを持つということ

リュウズをゆっくり巻き上げると、カチカチと時計の鼓動が聞こえます。時計に命を吹き込む瞬間です。
リュウズを引いて時刻をあわせるとさあ今日も一日頑張ろうという気持ちになります。
そんな時間を重ねているうちに、いつの間にか時計が大切な相棒になっています。

アンティークウォッチ写真

7.よくある質問集

Q1.初めてのアンティークウォッチで使い方がよくわからないです。
A1.ご購入いただいた時計にはすべて、取り扱い説明書をおつけしております。
リュウズのまわし方、時刻の合わせ方など説明させていただいていますが、その他ご不明な点はお気軽にお電話でお問い合わせください。
Q2.オーバーホールはどれくらいの間隔でしたらいいでしょうか?
A2.だいたい3〜5年ごとにおこなってください。
Q3.オーバーホールっていくらくらいかかりますか?
A3.当店でお買い上げの時計は15,800円〜行っております。
お見積もり後オーバーホールさせていただきます。
Q4.オーバーホールをせず、そのまま使っているとどうなりますか?
A4.油が古くなってネバついて部品が円滑に動かなくなってきます。
その結果、時間が合わなくなったりとまったりすることもあります。
Q5.時差ってどれくらいありますか?
A5.多少の時差はありますが、基本的にはほぼ正確に動いています。
Q6.保証はありますか?
A6.当店の時計はすべて保証をおつけしております。
保証期間内であれば、通常使用による故障は無料で修理させていただいております。
安心してご購入いただけるように、保証期間は1年〜3年の長期保証をおつけしています。
Q7.普段のお手入れは必要ですか?
A7.使用後は柔らかい布で汗や汚れを落としてください。
使わない時は時計ボックスにいれて保管されることをおすすめします。
長期間(1ヶ月〜)使用されない時でも時々リュウズを巻いて時計を動かしてください。
Q8.保証期間きれた後のことが心配で・・・
A8.保証期間がきれた後も、時計のアフターケアーをさせていただきます。
時計を落としてしまった、風防に傷がはいった、バンドが傷んだので交換したい、ケースやダイヤの輝きがなくなってきたので洗浄してほしいなどどんな小さなことでもお気軽にご相談ください。
Q9.時計のブレスレットのサイズがあいません。サイズの調整は可能ですか?
A9.はい可能です。ゴールドでできたバンドは職人による熱を加えて行う作業になるため実費でお直しとなります。短くするだけでなく、長くすることも可能です。
詳細につきましてはお見積もりさせていただきますのでお問い合わせください。
Q10.リュウズにメーカーのマークがある時計とない時計があるのはなぜですか?
A10.リュウズ(時計の右横についている時間をあわせる部分)は消耗品で、使用していると磨耗してくる部品です。磨耗してしまったリュウズは巻きにくくなってしまうため、交換の必要があります。社外品のリュウズのほうが安価のため、前の持ち主の方がマークなしのリュウズに交換されてしまうことがあります。
Q11.リダンって何ですか?
A11.汚れたり、黄ばんでしまった文字盤を、きれいな状態に復元することを言います。
当店では、文字盤は時計の顔であること、コレクションではなく実用的に使っていただくことを重視して、時計の状況によってオリジナルに忠実にリダンを行う場合があります。
Q12.最近よく聞く時計の磁気帯って何ですか?
A12.パソコン、スピーカー、スマートフォン、バッグの中についているマグネットなど磁気を発する物の近くに置くと時刻があわなくなってくる、とまってしまうなど影響を受けてしまいます。5cm以上離すと磁気の影響を受けなくなります。
これはアンティークに限らずすべての時計にいえることですので、クォーツ時計でもご注意ください。
Q13.部品はすべてメーカーのオリジナルですか?
A13.当店では海外からメーカーのムーブメントの部品を仕入れたり、在庫をしている部品の中から修理を行っております。無い場合は部品を特注で製作して修理を行う場合もあります。
Q14.ダイヤモンドはオリジナルですか?(アフターダイヤについて)
A14.アフターダイヤの時計は取り扱っておりません。すべてメーカーオリジナルのジュエリーウォッチですが、万が一アフターダイヤの商品を取り扱う場合は商品説明に記載させていただきます。
Q15.アンティークは壊れやすく修理にお金が掛かるって聞きますが、実際のところどうですか?
A15.オークションで個人の方から購入されたり海外のショップやブティックなどで購入された時計はトラブルが多いとよく聞きます。
最初は時間通り動いていてもその後不具合が出てくる可能性も十分あります。
ご購入時に最低でも6ヶ月の保証をつけている専門店で購入されることをおすすめします。
保証をつけているということは、きちんとオーバーホールをし機械が健康であることの証明になります。
最初から健康な時計を買えば修理代金がかかってしまうということはそうあることではありません。

サロンにて商品をご覧いただけます

サロンへお気軽にお越しください

コスチュームジュエリーってどんなの?一度見てみたい!」
「ウォッチのメンテナンスについて詳しく聞きたい!」…etc…

お客様のお洋服を持ってきていただいて
コスチュームジュエリーのコーディネートをお試しいただいてもかまいません。

キラキラ輝くコスチュームジュエリーやアンティークウォッチたちをぜひ手にとってご覧ください。

ミグパリについて

当店ではおもに、1950年代から70年代にかけて製作されたコスチュームジュエリーと、普段使いできるアンティークジュエリー、レディースのアンティークウォッチを販売しています。

アンティークなのですべて一点物!

営業時間について
営業時間:平日10:00〜18:00 
定休日:休業日カレンダーご覧ください

Jewels by migparis
コスチュームジュエリー・アンティークウォッチ

〒659-0095 芦屋市西山町11-17
電話 0797-35-0969

運営元:有限会社ミニョンヌパリ

ミグ*パリの想い

カテゴリーで選ぶ

アンティークウォッチ

コスチュームジュエリー

アンティークジュエリー

コスチュームジュエリーの魅力
アンティークウォッチについて
メディア紹介
QRコード

携帯サイトからも注文可能!会社のパソコンで商品をチェック、お申し込みは携帯から!

pick up